交通事故治療

交通事故治療私は、あなたが(あなたの大切な方が)不幸にも交通事故に遭い、このページにたどり着いたことを知っています。ですが私には、その事故がどれほどのものだったかはわかりません。あなたが他の病院や接骨院へ行ってしまう前に、私はあなたに必ずお伝えしなければならない2つのことがあります。

交通事故に遭われた方が、必ず知るべき2つのこと

  1. たとえ見た目には大きな怪我をしていなかったとしても・・・

    救急車自動車の安全性能が向上したことで、見てすぐわかるような大けがをする確率は減りました。ですが、見た目にはわからない脳や脊髄、神経、内臓などが損傷している可能性は今も変わりません。例えば時速60kmで物に衝突した場合、なんと1.5~2トンの衝撃を受けると言われているほどです。

    もし時間に追われていたとしても、面倒なことは嫌だったとしても、必ず専門の医療機関は受診するようにして下さい!

    実際、事故直後に適切な治療を受けなかったばっかりに、その後長年にわたってむち打ち症などの後遺症で悩まされる方が多くいらっしゃるからです。

  2.  

  3. すべてを一人で抱え込まないで・・・

    交通事故の専門家交通事故そのものに対するショックや恐怖、慣れない警察とのやり取り、加害者や保険会社の不誠実な対応に対する怒り、職場や仕事の遅れに対する罪悪感、怪我によりやりたいことができない悲しさや悔しさ、周りの人や医師からさえも痛みを理解してもらえない孤独感、症状がなかなか改善しない不安や焦りなどなど、そのストレスは非常に強いものです。

    そのため、交通事故の影響で、PTSD(心的外傷後ストレス障害)やうつ病などの精神疾患を発症してしまう方も少なくありません。ですから、そうなってしまう前に、あなたの味方となってくれる交通事故の専門家に協力を仰ぐことを強くお勧めします。

 

早川接骨院と他の医療機関との違い

ほとんどの病院や接骨院は、通常の怪我の治療と大差ない治療だけで終わってしまいます。しかも身体の治療以外は蚊帳の外です。

早川接骨院なら、「はりを使わない はり治療」と高く評価されている新しい治療 レインボー療法や、身体を酷使するトップアスリートたちが愛用している最新の特殊電気刺激装置、ES-525、さらに事故直後から行える安全で痛みのない手技、カウンターストレインまで、様々な治療法を組み合わせてアプローチし、症状の早期回復を図ります。

  • レインボー療法
  • 最新の特殊電気刺激装置 ES-525
  • カウンターストレイン

さらに、身体と同じくらいケアが必要な心の問題に関しては、話しやすく聞き上手で評判の院長が、あなたの味方となって一緒に寄り添い、交通事故の法的な問題やお金、保険に関わるトラブルに関しても、提携する法律家などを通じて総合的にサポートしていきます。

 

当院で治療を行う主なメリット
  • むち打ち症のように、画像診断では異常が無くとも、様々な角度から治療を行える
  • むち打ち症のように本来難しいと言われる治療であっても、3ヶ月以内程度で早期回復を図れ、長年後遺症に悩まされなくて済む(重症度により治療期間は変動します)
  • 自賠責保険や任意保険を使って治療できるため、窓口負担が0円となる
  • 他の病院や接骨院からの転院、併用での通院も行える
  • 法律や保険の専門家と提携しているため、知識不足により損をすることが無くなる

 

交通事故の治療に伴うよくある誤解

  1. 画像診断は間違っていることが多いです。

    例えば、腰痛の85%以上が原因不明だとされています。不明というのは、画像検査や理学所見と患者様の症状が一致しない、ということです。画像診断では異常が見られなくとも患者様が強い痛みで悩んでいたり、逆に明らかに異常が見られるのに本人は全く痛みを感じていない、という事実が大規模な医学的調査によっても判明してきたのです。

    では何がこうした身体の痛みの原因なのでしょうか?その原因は、骨ではなく「軟部組織(筋肉・筋膜やECMなど)」と、画像検査により「身体に異常がある」と診断されたことなどによる「心」の問題である、ということが近年分かってきたのです。これにより、ヨーロッパの整形外科では画像診断を行わないことが常識となりつつあり、整形外科単体ではなく心療内科が併設されるところが多くなりました。

  2.  

  3. 接骨院でも自賠責保険は使えます。けれど「交通事故“専門”接骨院」や「むち打ち”専門”接骨院」は存在しません。

    最近大きな問題となっていることが2つあります。1つは保険会社から患者様へ「接骨院では自賠責保険を使えません」「健康保険しか使えません」と虚偽の内容を伝えるケースが稀にあることです。理由は、単なる担当者の無知や保険会社側が支払い負担を減らしたいという企業心理に基づくものなど様々ですが、いずれにしても、接骨院においても自賠責保険は認められています。

    もう一つの問題は、一部の接骨院がホームページ上などで明らかな誇大広告をしていることです。交通事故やむち打ち症のみを専門に扱うところはありませんし、厚生労働省から交通事故に関して何か特別な認定を受ける制度もありません。どこの業界でもあることではありますが、こうした情報には惑わされないよう、十分お気をつけ下さい。

  4.  

  5. 世の中良い人ばかりではありません。被害者が泣き寝入りさせられるケースも実は少なくありません。

    ただでさえ交通事故の被害に遭い、散々な目にあっているのにも関わらず、加害者からは謝罪の一言もない。それどころか相手の方が事故に慣れているせいで、過失割合が逆転してしまい、こちらが加害者にさせられてしまった。実際の症状を見てもいないのに、保険会社からすぐに治療を打ち切るよう請求された。明らかに後遺障害が残っているのに等級認定されず、本来もらえるはずの数百万円~数千万円の慰謝料を受け取れなかった。

    残念ですが、こうしたケースは珍しくありません。ですから、交通事故について熟知し、あなたの味方となってくれる法律家などの専門家の助けが必要なのです。当院であれば、患者様の味方となって情報提供することはもちろん、必要であれば提携する敏腕弁護士や、無料相談を行える交通事故紛争処理センター等をご紹介することもできます。

 

交通事故でお悩みの方は下記よりご相談下さい
TEL:0566-76-7777
自賠責保険適応・他院からの転院/併院可能
治療費の窓口負担0円

※単独の自損事故や加害者であっても、ご自身が加入中の任意保険(人身傷害補償保険や自損事故保険)を使えば、窓口負担金0円にて治療を行うことが可能です。また、無保険者やひき逃げ、無免許運転の被害者であっても、政府保障制度によって償還払いで治療を受けることができます。